「くまクマ熊ベアー」のアニメは本当につまらないのか?実際に見た感想と評価を語っていく

アニメ

くまクマ熊ベアーのアニメが巷でつまらないと話題だったので、本当にそうなのか実際に見た感想と評価を語っていきます。

感想には完全に個人的なものを含まれてるのでその辺はご了承ください。

アニメ「くまクマ熊ベアー」のあらすじ

15歳ながら諸事情で引きこもり生活を送っている主人公のユナ。ある日、お気に入りのVRMMORPG「ワールドファンタジーオンライン」にログインすると、神様のいたずら(?)により、レア装備である「くまセット」を装備した状態で異世界に飛ばされてしまう。訳も分からないまま周囲をうろついていると、魔物に襲われている女の子を発見、くまセットの力でその女の子を助ける。結局、その女の子(フィナ)の案内で街に連れて行ってもらい、冒険者としてその世界で生計を立てることに……。

(wikiより引用)

アニメ「くまクマ熊ベアー」の感想と評価

評価2.7

感想

ぶっちゃけ面白いとはいえないが、それほどつまらないというわけでもない。

見ていて思ったことが2点。

 

①このアニメのジャンルが「ゆるふわ系ファンタジー」であるということ。

なろう発のVRMMOものだからといって凝ったゲームの設定やガチガチのバトルシーンを期待してるとつまらなく感じるだろう。

ゆるふわ系ファンタジーとして見ればこの作品は十分面白い部類だと思う。

 

②序盤が死ぬほどつまらなかったが5話ぐらいからまぁまあ面白くなる

1話で登場人物の紹介とかもなく主人公がただ無双してるだけだったりしたときは途中でやめようかと思ったが、何故か中盤ぐらいになるとわりと面白かった。

ひょっとしたら脳が考えることを放棄し始めたのかもしれない。

というのは半分冗談。

この作品をつまらないと評価する人が多いのは序盤のつまらない部分で見るのをやめた人が多いからだと思っている。

まぁ、序盤の大事なつかみの部分で大きく失敗してる感がすごいので総合的な評価は低めの2.7ということにした。

アニメ「くまクマ熊ベアー」がつまらない理由

アニメ「くまクマ熊ベアー」がつまらない理由を一言でまとめると「原作とアニメの相性が悪かったから」だ。

「くまクマ熊ベアー」の原作は小説家になろう、つまりネット小説である。

ネット小説は学生や社会人が通勤通学など暇な時間を見つけて読む場合が多いので、

①話が追いやすい

②1話読めばとりあえず面白くて満足した気分になれる

③あまり長い間、暗い雰囲気にならない(途中で読者が離れるから)

という特徴を満たした作品がPV(閲覧数)を伸ばしやすいという特殊な文化がある。

「くまクマ熊ベアー」は見事にこの特徴を満たしているので小説家になろうというサイトではランキング上位にいくことができたが、それをそのままアニメでやったから幼稚で展開に緩急がなく、つまらないように見えてしまったのだ。

シア
シア

小説家になろうのランキング上位作品を適当に書籍化・アニメ化する時によく起こる現象だよね。

実際に「くまクマ熊ベアー」を小説家になろうで読んでみたが、アニメほどつまらなくはなかった。

時間のある人はためしに1~2話だけでも読んでみるといいだろう。

悪かった点

  •  登場人物が主人公に頼りすぎ
  •  主人公が絶妙にうざい
  •  似たような展開が多すぎる

登場人物が主人公に頼りすぎ

「くまクマ熊ベアー」の主人公はいわゆる「やれやれ系主人公」の女verなので自分から物事に首をつっこみたがらない。

そのため、

周りで事件が起こる→誰かが主人公に助けを求める→主人公が圧倒的力で解決→ハッピーエンド

という展開で話が進んでいく傾向にある。

そうすると必ず主人公に助けを求める役割を誰かがやらなければならないのだが、毎回のようにそれをされると「こいつら少しは自分で解決しようとか思わねぇのかよ」と思ってしまうのだ。

シア
シア

アンパンマンとかに通ずるものがあるよね。

主人公に助けを求めることは正しいんだろうけど、もう少し自分でなんとかしようとしてほしいなぁ

 

主人公とクマが絶妙にうざい

主人公がモンスターと戦う時に、余裕さを出すためなのか棒読み気味にスキル名を言ったりするのがなんというかうざい。見ててイライラした。

これは個人的な感想なのだが余裕さを演出したいならもう少しかっこよく倒せばいいのにとか思ってしまう。

あと作品のテーマ的に仕方ないのかもしれないが、事あるごとにクマが出てくるのがめんどくさい。

もちろんクマ自体はかわいい。

しかし平均して1分に1回はクマという単語が出てくるのでそのレベルになってくるとさすがにうざかった。

似たような展開が多すぎる

つい先ほどもふれたが、

周りで事件が起こる→誰かが主人公に助けを求める→主人公が問題を解決→ハッピーエンド

という構成が1話ごとにあるので、展開の意外性とかが全くない。

最初の10分だけ見れば残りの話の展開を推測できるレベル。

言い換えれば安心感があるともいえるが、ここら辺は人によって好みが分かれるだろう。

良かった点

  •  ヒューマンドラマとしては面白い
  •  ロリが可愛い
  • 主人公が徐々に町で認められていくのが嬉しい

ヒューマンドラマとしては面白い

このアニメはあくまでも「ゆるふわ系ファンタジー」なので人の感情の動き的なものが物語の中心。

一般的ななろうの俺TUEEE系は主人公の成長をゲーム感覚で楽しんだり、ヒロインを愛でたりするのが醍醐味だがこの作品に関してはどちらかというと事件をとおしての人の感情の動きに着目した方が面白かったりする。

そういう部分で他のなろう系と性質が違うので楽しみづらいというのはあるかもしれない。

キャラクターがかわいい

つまらなかった序盤を乗り切れたのは、シンプルに作画がかわいかったからだ。

主人公もかわいいし、着替えシーンで下着が見れたのでなんとか救われた。(着替えシーンはたしか2話か3話)

主人公が徐々に町で認められていくのが嬉しい

主人公はクマのきぐるみというとても個性的な格好をしているので物語の序盤は周りから「ふざけた格好のやつ」などといったようにどちらかというと不審者を見るような目で見られている。

しかし周りの人を助けて善行を重ねていくうちにだんだんと認められていき、中盤~後半ではクマの格好で町を歩くと「クマのお姉ちゃん」と慕われて手を振ってもらえるようになるので主人公の頑張りが周りに認められて異世界に馴染んでいくという部分には少し感動した。

アニメ「くまクマ熊ベアー」が最初の数話はつまらないが、途中から面白くなっていくのにはこういった部分が関係してるのだと思う。

アニメ「くまクマ熊ベアー」 ネットの口コミ

https://twitter.com/hiiragi_kamen/status/1370761650697990144

「くまクマ熊ベアー」のアニメは本当につまらないのか?実際に見た感想と評価を語っていく:総評

今回の話をまとめるとこんなかんじ。

  •  最初はつまらないかもしれないが段々と面白くなっていく
  •  似たような展開の繰り返し・大きな山&谷がない
  •  友情ドラマとして見るべき

けっこうディスりまくったが、気になるのであれば少しだけでも見てみるといい。

もし見るのなら1話をとばして2話から見るのがおすすめ。(実質的に本編は2話からなので)

おすすめのVRMMOモノを紹介してるので興味があればどうぞ。

MMORPG(オンラインゲーム)系のおすすめアニメを全てまとめてみた

 

コメント

  1. […] こちらで詳しくレビューしてます。 […]

タイトルとURLをコピーしました