【高コスパ】ASMRイヤホン、「final E500」って実際どうなのか?【口コミ】

未分類

「ASMR イヤホン おすすめ」と検索すれば真っ先に出てくるのがこのfinal E500ですが、「実際のところどうなの?」と気になるかたは多いでしょう。

ということで今回は、ASMRを聞くときにおすすめとよく言われているイヤホン、final E500をかなり正直にレビューしていこうと思います。

実際に使ってみた感想なのでわりとぶっちゃけますw

結論からいうと、値段の割には優秀というくらいでした。

final E500の感想

  •  タッチノイズが気になる
  •  普通に音楽を聴いたりゲームする分には問題なし
  • ASMRを聞いてると、女の子がすぐ傍にいると錯覚するレベル

ネットでは高評価が多かったのでかなり期待しつつ購入しましたが、最初の期待値が高かっただけに拍子抜けという印象です。

といっても性能自体はそれほど悪くありません。

むしろ2000円という安さを考えれば悪くないスペックだと思います。

final e500ってどうなのか?【口コミ・レビュー】

有名な声優さんが大絶賛していたのでかなり期待してましたが、うーん…悪くはないんですが

final e500のメリット

次のとおりです。

  •  女の子がすぐそばにいると錯覚するレベル
  •  カナル型のイヤホンなので、Appleの純正イヤホンとは違った音の聞こえ方が楽しめる

女の子がすぐそばにいると錯覚するレベル

立体音響のリアル感は口コミどおりの性能でした。

「イヤホンでここまでリアルな聞こえ方がするのか!」って驚きましたね。

今まで使ってたイヤホンでは、例えばASMRで「ザッザッ」って足音がすると「あぁ、女の子が近づいてきてるのかな?」って自分の想像力で補ってる部分がありました。

ところが、final E500だと足音が実際に近づいてくるんですよね。

そして耳元で吐息と一緒にささやいてくれます。

だから目をつぶってボーッとASMRを聞いてるとマジで女の子がそばにいる感覚になります。

なんならASMRを聞きながら寝落ちしたら、わりと冗談抜きで「動画のシチュエーションの夢が見れるんじゃね?」というレベルです。

イヤホンの性能1つでここまで変わるものなんだ、ということを初めて実感しました。

カナル型のイヤホンなのでAppleの純正イヤホンとは違った音の聞こえ方が楽しめる

Appleの純正イヤホンはインナーイヤー型といい、耳にかけるタイプです。

逆にこれはインナーイヤー型と言って、耳の穴に突っ込むタイプのイヤホンですね。

それで、これの何が良いかと言うとインナーイヤー型のイヤホンでは微妙だった耳かきボイスがカナル型で聞くと評価が180度変わるという場合があるんです。

なので、1回聞いた動画でもイヤホンを変えることで新鮮な気持ちで楽しめました。

final e500のデメリット

次のとおりです。

  • 机や髪にイヤホンが当たるとタッチノイズが入る

 タッチノイズが目立つ

僕はPCでこのイヤホンを使っているんですが、タッチノイズ(イヤホンのコードが机や髪に当たったときに入るノイズ)がモロに入ってきます。

Apple純正イヤホンだとイヤホンのコードが服に多少こすれた程度ではノイズが気にならないんですが、final E500は少しこすれただけで「ゴソゴソ」という音が耳元でします。(カナル型イヤホンの宿命みたいなもの)

ぶっちゃけ、作業しながらだとゴソゴソ音がひどくてまともにASMRを聞けなかったのが致命的でした。

いちおうシュア掛けみたく、ある程度工夫することで軽減はできるみたいですが、それでも完全にはなくならないですね。

タッチノイズを抑える方法はこちらを参考にしてみてください。

タッチノイズの軽減方法

Apple純正イヤホンとの比較

Apple純正イヤホンというのは、iphoneを買ったときについてくる、白いイヤホンのことです。

付属品なので軽く見られがちですが、けっこう高品質です。

final E500とApple純正イヤホンの比較はこんなかんじ。

***************************** タッチノイズ 音の臨場感
final e500 少しこすれただけでゴソゴソする 後ろから近づいてきて耳元でささやかれるのをリアルに感じるくらいにはすごい
Apple純正イヤホン 普段使いする分にはタッチノイズはほとんど気にならない 音の臨場感には欠ける

実際final e500でASMRを聞くと、声が近づいてくるのがわかったり、動画のキャラクターが移動しているのがはっきりとわかるくらいには立体音響(ASMR)には強いです。

final e500をiPhoneでも使えるようにする裏技

ベッドで寝ながら音楽やasmrを聴く時にはスマホで聴く方も多いと思いますが、iPhoneってライトニング端子なせいで使えるイヤホンがどうしても限定されますよね><

ちなみにライトニング端子というのは、こんな形の充電器をさすタイプのやつです↓

iPhone5以降のiPhoneは全てこの規格ですね。

じゃあiPhoneしか持ってない人は「final e500」を使えないの?

全然そんなことはありません!

変換アダプタを使えば、端子の形が合わなくてもiPhoneでfinal e500を使うことができます。

僕が買ったのは「UGREEN」という会社の変換アダプタです。

こんなかんじ↓

他の似たような商品と比べて高評価レビューが多かったので買ってみました。

この変換アダプタは2000円くらいですが、それの倍以上する値段のものよりも高性能とのこと。

実際に使ってみた感想としては、たぶんこれから変換アダプタはこれしか買わないだろうな~というレベルです。

コスパが良すぎるんですよね。

2000円と安い値段の割に、ノイズもなくイヤホンの性能通りの音を聞くことが可能です。

初めて変換アダプタを買う人はとりあえずこれにしておけば失敗しないと思います。

final e500とつないでる時↓

スマホで写真を撮ってるので実際に接続してる写真を撮ることはできないですが、私のスマホ(iPhone SE2)でも問題なく接続できました。

パソコンと違って気軽にベッドに寝転がりながら聞けるのが素晴らしいですね。

音質に関してはパソコンで聴いてる時と全く変わってないと思います。

むしろ寝転がってる分タッチノイズが減って聞きやすかったかも。

リンクはこちら↓

総評:final E500はコスパ良し

性能としては立体音響にステータスを振った2~3000円台のイヤホンというかんじです。

前に使っていた同じ2000円くらいのイヤホンと比べるとASMRを聞いたときに女の子が近づいてきたり、耳元でささやく時の距離感がリアルに感じました。

僕みたく夢を見すぎると物足りなく感じるかもしれませんが、実際の性能としては間違いなく立体音響に強いです。

2000円のイヤホンとしては確かにコスパが良い部類だと思うので、それくらいの予算でイヤホンを買いたいという方、ASMR用にイヤホンを買ってみたいけど、いきなり高いのはちょっと…という方はぜひおためしください!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました