RMTとはなにか? 売り手と買い手の思考をわかりやすく解説してみた

未分類

こんにちは、管理人のユーキです。

突然ですが、「ふつうにガチャをひいたら数十万かかるような戦力をを5万円でそろえる方法がある」と聞いたらどうでしょう。

さらにいうならゲームで普通に課金するよりもはるかに安く石を入手できるとか。

それを現実にしてしまうのがRMTです・・・

それでは詳しく話していきましょう。

RMT(リアルマネートレード)とは

さっき上で話した、「ふつうにガチャをひいたら数十万はかかるようなキャラ達をを5万円でそろえる方法がある」 というのは言ってしまえばRMTのことです。

RMT(リアルマネートレード)というのは、ゲームの発売元を介さずにユーザー間でオンラインゲーム、ソーシャルゲームのデータを売買することを指します。

RMTそのものを禁止する法律はありませんが、RMTを規約で禁止しているゲームでRMTを行うと著作権法違反、営業妨害になります。

ちなみにほとんどのオンラインゲームではRMTが禁止されています。

ようするにRMTは、やっちゃいけません。(あくまでも規約で禁止されている場合ですが)

RMTでの有名サイトはこちら  RMT.club

RMT 売る側の思考

RMTのサイトを見ていると数十万以上課金したアカウントが5万程度の値段で売られているのを見かけます。(探せば簡単にみつかりますよ)

金銭的に考えれば、課金した分と売値の差だけ売り手側が損してますよね。

じゃあどうしてアカウントを売るのか。

その答えはシンプルで、売る側にとってそのアカウントの価値が0に等しいからです。

理由はさまざまで、たとえば「ゲームに飽きた」、「仕事や勉強が忙しくなってゲームする時間がなくなった」など。

遊ばないゲームに価値はありませんよね?

そうなった時に損切りの手段としてアカウントを売ってしまえというのが主な思考パターンでしょう。

余談ですが、ソシャゲやオンラインゲームは時間が経つほどインフレしていくのでプレイしていないアカウントの市場価値は下がり続けます。

なのでアカウントを売る側はアカウントの価値を維持するために売れるまでゲームをプレイし続ける必要があるので、できるだけ早く売り払ってしまいたいという考えをもっていること”も”あります。

RMT 買う側の思考

買う側の思考は単純で、「ふつうに課金するよりも安く戦力を揃えたいから」 ですね。

ゲームによっては期間限定ガチャでしか入手できないキャラもいたりするのでそういったキャラクターを入手するため、なんてこともあります。

RMTでアカウントを買えば、本来なら10万、20万課金して時間をかけて育てないといけないような戦力がたった2~3万かつ数時間で揃えらるのでコスパは非常に良いです。

ただ、ソシャゲやオンラインゲームの面白さというのはガチャをひくときのワクワク感やキャラクターを成長させる喜びが占める割合が大きいと思っていて、意外とRMTでアカウントを買ってもつまらなくなって長続きしなかったりします。

もし仮にRMTでアカウントを買う場合、初めてやるゲームのアカウントを買うことはおすすめしません。 たぶんすぐ飽きます・・・

おすすめのアカウントの買い方として、「今やってるゲームでランキング上位に行きたいけど今は手に入らない期間限定キャラが必要なんだよな~」というような場合をおすすめします。

それなら単純に戦力課金するよりもコスパがいいですし、期間限定キャラの復刻を待つ必要もなくゲームを楽しめます。(もちろん規約でRMTが禁止されてるゲームはだめですよ)

RMTってどんな商品があるの?

引退アカウント

文字通り、引退した方が損切りとしてアカウントを売ります。

価格としては1万~数十万くらい

数十万なんてめったにありませんがマジな廃課金とか最強クラスのデータはそれくらいしたりもします。

ほとんどは1桁万におさまるレベルです。

リセマラアカウント

文字通り、ゲームはほとんどしておらずリセマラだけしたアカウントを売っている。

言ってしまえばリセマラ代行。

ほとんどが千円以下の値段。

リセマラがめんどくさいなら買ってもいいかなーくらい。

チャージ代行

普通に課金するよりも安い値段で課金してくれる。

どうしてこれは成立しているのかというと、

グーグルアカウントを持っていると月に1度、100~200円分のgoogleplayに使えるクレジットが無料でgメールに届きます。

そして業者はグーグルアカウントをめちゃくちゃもっているので無料で手に入れたクレジットをかきあつめて有料で売るわけですね。

私も詳しいことは知らないのでこれに関してはネットの情報です><

育成代行、ゲーム内通貨の譲渡

これはオンラインゲーム(MMO)で主流ですね。

オンラインゲームだと社会人でお金はあるけど1日に何時間もゲームしてられるような時間なんてないという方がたくさんいます。

そういった人達はオンラインゲームの無駄に手間がかかる育成過程や金策なんて省いて高難易度クエストみたいなことだけをやりたいわけです。

そこで登場するのが育成代行というわけですね。

私のやっていたゲームでは短時間で大量の経験値が入手できるアイテムを譲渡するといった形式ですが、時短要素はMMOにおいて常に需要があります。

逆に、育成代行、ゲーム内通貨を譲渡する側はどういう人かというとそのオンラインゲームを極めたかんじの人です。

例えば、他のプレイヤーよりもはるかに効率よく育成したり、ゲーム内通貨を稼ぐノウハウを持っていたりなどですね。

こういう人は副業みたいな感覚でやっているんでしょう。

ゲーマーとしては夢がある話ではあります。

私のRMTに対する考え

私のRMTに対する考えを話していこうと思います。

勘違いしてほしくないのですが私はRMTを推奨していません。

ソシャゲに関して言えば、やはりユーザーがちゃんとゲームに課金した方が運営側も儲かりますよね。(当たり前ですが)

運営だってビジネスでやっているわけですから儲かっていればどんどん思い切ったコラボをしたり新しいコンテンツを作ってくれる可能性が高くなりますが、儲からなければその逆になってしまうわけですね。

MMOに関しても効率のいい狩場を見つける楽しみ、効率のいい金策の工夫だって「面白さ」の1つなわけで、RMTをすることでゲームを楽しむ権利を手放すことになってしまうかもしれません。

とくに「ゲームをやりたいけども時間がない」という人にとってRMTというのはこのうえない味方ではありますが、いまいちどよく考えてみてください。

あなたが本当に楽しみたいのはそのゲームの何なのか、RMTをした後に何の負い目もなくゲームをプレイし続けられるのかを。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
あまり表にでてこないRMTの世界について理解を深めていただけたら何よりです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました